1sanoshirou
忠男:佐野史郎

1955年生まれ。シェイクスピア・シアター、状況劇場を経て、映画『夢みるように眠りたい』(1986 林海象監督)で主演デビュー。舞台、テレビ、映画と活躍。1992年、テレビドラマ「ずっとあなたが好きだった」の冬彦役で広く知られた。主な映画出演作に『帝都物語』(1988 実相時昭雄)『さよなら、こんにちは』(1990 福田陽一郎)『あふれる熱い涙』(1992 田代廣孝)『ゲンセンカン主人』(1993 石井輝男)『ちぎれた愛の殺人』(1993 池田敏春)『無頼平野』(1995 石井輝男)『美代子阿佐ヶ谷気分』(2009 坪田義史)『千年の愉楽』(2013 若松孝二)ほか多数。『カラオケ』(1999)では監督も務めた。瀬々作品には初の出演。
http://www.kisseido.co.jp/

emotoakira300
花村:柄本明

1948年11月3日生まれ 東京都出身 1976年劇団東京乾電池を結成、座長を務める。今年は創立40周年記念の舞台「ただの自転車屋」を全国で公演した。映画では1988年「カンゾー先生」にて第22回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。以降映画賞をさまざま受賞。2011年には紫綬褒章を受章した。2016年の主な出演映画は「モヒカン故郷に帰る」沖田修一監督、「人生の約束」石橋冠監督、「後妻業の女」鶴橋康夫監督、「シン・ゴジラ」庵野秀明総監督、「疾風ロンド」吉田照幸監督などがある。2017年は「サバイバルファミリー」矢口史靖監督などが公開される。瀬々敬久作品には『ヘヴンズ ストーリー』(2010)『アントキノイノチ』(2011)に出演。
http://www.knockoutinc.net/artists/?id=1423207949-444417

adachimasao
仙田:足立正生

1939年生まれ。日大芸術学部在籍時から自主製作映画を手がけ、『鎖陰』(1963)で注目される。若松孝二監督の助監督を務め、若松の『胎児が密猟する時』(1966)『犯された白衣』(1967)、大島渚監督『帰って来たヨッパライ』(1968)『新宿泥棒日記』(1969)などの脚本を書くほか、自身も『堕胎』(1966)『性遊戯』(1969)『女学生ゲリラ』(1969)などを監督。1974年、日本赤軍に合流。1997年にレバノンで逮捕され、2000年に強制送還。『幽閉者 テロリスト』(2006)で35年ぶりに監督、同作には瀬々敬久が出演した。最新監督作は『断食芸人』(2015)。

yamadamahoa
有希:山田真歩

1981年9月29日・東京出身。出版社勤務を経て、『人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女』(2009 加藤行宏監督)で映画デビュー。主な映画作品に『SR2サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』(2010 入江悠監督)『モテキ』(2011 大根仁監督)『愛と誠』(2012 三池崇史監督)『楽隊のうさぎ』(2013 鈴木卓爾監督)など。2014年NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」の宇田川満代役でクセのある女流作家を好演し注目される。映画『アレノ』(15 越川道夫監督)で第30回高崎映画祭・最優秀主演女優賞を受賞。2016年は、『ヒメアノ~ル』(吉田恵輔)『誰かの木琴』(東陽一監督)『永い言い訳』(西川美和監督)『アズミ・ハルコは行方不明』(松居大悟監督)が公開。『島々清しゃ』(新藤風監督)『ポエトリーエンジェル』(飯塚俊光監督)、そして瀬々監督の『菊とギロチン』ほか、公開待機作が続く。
http://www.humanite.co.jp/actor.html?id=15

yanagisyuntarou
高野:栁俊太郎

1991年5月16日・宮城県出身
メンンズノンノモデルグランプリにて専属モデルデビュー。近年ミラノ、パリのメンズコレクションのランウェイにも登場しさらに注目を集める。俳優としては2012年、オムニバス映画「ヴァージン」の『ふかくこの性を愛すべし』(吉田光希監督)にてデビュー以降、映画やドラマ、CMなどで活躍中。テレビ出演に、CX「ふらり松尾芭蕉」、 Hulu オリジナルドラマ「代償」、NHKBS・スーパープレミアム 横溝正史「獄門島」、NHKBS・シリーズ横溝正史短編集「百日紅の下にて」など。2017年の公開待機作に 映画「恋愛奇譚集」(倉本雷大監督)、「東京喰種」(萩原健太郎監督)がある。
http://www.anore.co.jp/artist/actor/yanagi/

nakataayaka
あつ子:中田絢千

1993年12月13日生まれ。
雑誌・広告等でモデルとして活動ののち、最近では映画・ドラマ・舞台など演技の分野でも積極的に活動をスタート。この作品が初の本格的な映画出演となる。
https://twitter.com/ayknkt_xxx

miuramasaki
京成サブ:三浦誠己

1975年、和歌山県生まれ。1996年に井筒和幸監督「岸和田少年愚連隊」で映画デビュー。主な映画出演作に『彼女について知ることのすべて』(井土紀州監督)『prayback』(三宅唱監督)『まほろ駅前狂想曲』(2015 大森立嗣監督)『木屋町DARUMA』(2015 榊英雄監督)『ディストラクション・ベイビーズ』(2016 真利子哲也監督)『団地』(阪本順治監督)ほか。瀬々敬久作品には『ユダ』(2004)『肌の隙間』(2005)『泪壺』(2008)『へヴンズ ストーリー』(2008)『64 ロクヨン』(2016)に出演。
http://www.decadeinc.com/actor/masaki-miura/

machidamarii
サブの女:町田マリー

1979年生まれ。2000年に作・演出の江本純子と劇団「毛皮族」を旗揚げし、看板女優として活躍。舞台と並行して映画・テレビ・CMでも活動。主な映画出演作に『下妻物語』(2004 中島哲也監督)『東京残酷警察』(2008 西村喜廣監督)『イエローキッド』(2009 真利子哲也監督)『美代子阿佐ヶ谷気分』(2009 坪田義史監督)『恋の罪』(2011 園子温監督)『俺俺』(2013 三木聡監督)『ワンダフルワールドエンド』(2015 松居大悟監督)『オー・マイ・ゼット!』(2016年 神本忠弘監督)など。
ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞受賞(2009年)
第19回日本映画プロフェッショナル大賞 新人奨励賞(2010年)
http://www.gorch-brothers.jp/modules/tinyd9/index.php?id=5

kawaseyouta
直売所の店長:川瀬陽太

1969年12月28日生まれ・神奈川県出身。自主映画の助監督としてキャリアをスタートし、瀬々敬久監督をはじめとしたピンク映画の関係者と交流を深め多くの作品に参加、自主、ピンクから大作までジャンルを越えた活動を展開している。主な出演、公開待機作に『シン・ゴジラ』(庵野秀明、樋口真嗣監督)『はるねこ』(甫木元空監督)『22年目の告白 私が殺人犯です』(入江悠監督)『PとJK』(廣木隆一監督)『バンコクナイツ』(富田克也監督)『菊とギロチン』(瀬々敬久監督)Huluオリジナルドラマ『代償』など多数。『ローリング』(冨永昌敬監督)『犯る男』(山内大輔監督)等の演技により第25回日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞および第28回ピンク大賞受賞。
https://twitter.com/yohtak

ishikawamaki
仙田の妻:石川真希

プロスケーターを経て劇団状況劇場に入団し活躍。退団後も映画や舞台作品に出演。主な映画作品に『夢見るように眠りたい』『ゲンセンカン主人』(1992 石井輝男)『119』(1994 竹中直人)『無頼平野』(1995 石井輝男)『カラオケ』(1999 佐野史郎)『蒸発旅日記』(2003 山田勇男監督)『キャタピラー』(2010 若松孝二)など。他にバンド活動も行う。
http://abebe-next.com/act_ishikawa.html

gothotakenori
城ヶ崎:後藤剛範

1983年6月27日・東京出身
劇団オーストラマコンドー所属
主な出演作品
【舞台】ポツドール「顔よ、NODA.MAP「エッグ」黒執事「黒執事」など
ハイバイ「ヒッキーカンクーントルネード」
【映像】
静岡新聞SBS「静岡兄弟」、「ディアスポリス」、「ヒメアノ~ル」
http://austramacondotv.wixsite.com/austra/takenorigoto

idakaoru
警官:飯田芳

1987年 東京都生まれ。
多摩美術大学映像演劇学科を卒業後、本格的に俳優として活動をはじめる。代表作に『ニュータウンの青春』(11)、『東京プレーボーイクラブ』(12)、『そして泥船はゆく』『神奈川芸術大学映像学科研究室』(14)、『64-ロクヨン-』『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(16)など数多くの作品に出演。2017年には村本大志監督『Amy said』の公開が控えている。
http://birdlabel.net/member/detail.html?id=2

ha-ga
デヴィッド:ハーガ―丈士(ハーガージョウシ)

1995年6月17日生まれ。
WWDJAPANにて、デザイナーのタケオキクチ氏と表紙を飾り、ギリシャ人デザイナーミハエルギニス氏の広告モデルを務めるなどモデルとして活躍。ギター演奏はプロ並みで、ミュージシャンとしても注目され、本作の『なりゆきな魂、』で映画初出演。今後の活躍が期待されている若手俳優の一人である。
http://www.b-b-h.jp/model/model_025.html

andy
米兵:Andy

1993年6月10日、ルーマニア出身。
17歳の時にモデルデビュー。雑誌Men’s NON-NOやFINE BOYSなどのファッション誌に多数起用される。
EMPORIO ARMANIやCOTE MERなどのショーや、伊勢丹の広告などでも活躍中である。
http://fridayfarm.net/andy

satouyuutarou
花村(少年時代):佐藤優太郎

2009年4月14日生まれ
4歳から子役として活動をはじめ、映画・TVドラマ・CMなどに出演。
瀬々監督作品は映画「64-ロクヨン-」、ドラマ「女性作家ミステリーズ
美しき三つの嘘『平凡』」(フジテレビ)につづき3作目の出演となる。
http://www.smile-monkey.com/talent/satou_yuutarou/

yoshiokamutuo
野次馬:吉岡睦雄

1976年7月11日、広島県出身。2002年にいまおかしんじ監督の作品で映画デビュー。
以降『たまもの』(04)をはじめとする いまおか作品や舞台を中心に、近年では映画『婚前特急』(11)『なにもこわいことはない』(13)『シュトルム・ウント・ドランクッ』(14)『ドライブイン蒲生』(14) 『乃梨子の場合』(15)、『オーバーフェンス』(16)などに出演。瀬々作品には『アントキノイノチ』(11)『マリアの乳房』(14)『64-ロクヨン-前編』(16)に出演している。

okitakaei
野次馬:翁 華栄

1962年11月6日、 宮崎県小林市出身。
1984年、自由劇場アクターズジム入所。1986年、 劇団東京壱組創立に参加。94年退団まで全ての作品に携わる。
1991年『ワールド・アパートメント・ホラー』(大友克洋監督)で映画出演をきっかけに以降、山田洋次、三池崇史、市川準、降旗康男監督などの作品に多数出演。瀬々敬久監督作品は『ユダ』『猫と金魚の恋物語』『サンクチュアリ』『刺青』『ヘブンズストーリー』に出演している。

kobayasitakahiko
野次馬:小林節彦

1962年2月3日生まれ。1980年法政大学入学後 演劇活動を始める。小劇場活動、自主映画出演を経て、1989年佐藤寿保「陶酔遊戯」で商業映画デビュー。以後、瀬々敬久、佐野和宏、サトウトシキ、等の国映、新東宝作品をメインにエクセスフィルム、大蔵映画、Vシネマ等200本以上に出演。

hotaru
忠男の妻:ほたる

2月21日生まれ
多摩美術大学在学中にアングラ劇団の舞台に出演し、女優活動を開始。1993年、瀬々敬久監督「未亡人喪服の悶え」で映画デビュー。以降、同監督、サトウトシキ監督、上野俊哉監督、沖島勲監督などのピンク、インディペンデント映画に精力的に出演、舞台にも多数出演している。2007年、劇団退団と同時に「ほたる」に改名。2013年、初監督作「キスして。」公開。近年の主な出演作は、「色道四十八手 たからぶね」(井川耕一郎監督/2014)、「新しき民」(山崎樹一郎監督/2015)「人妻漂流 静寂のあえぎ」(山内大輔監督/2016)

tikaaidoru
アイドル:ユメミルク

葵なな(右)、1995年7月7日生まれ。
赤井ありす(左)、1998年2月22日生まれ。
2015年1月結成の正統派アイドルユニット。
秋葉原を中心に活躍中。

matutakemio
援助交際の女子高生:松竹史桜

1995年11月24日、千葉県出身。
主な出演作は映画「彦とベガ」(2016、谷口未央監督)、DVD「戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!FILE-01 恐怖降臨コックリさん」(2015、白石晃士監督)など。近年は舞台を中心に活動。

hayamikyouko
OL:速水今日子

1964年3月23日、大阪府出身。
最新情報
【ドラマ】日テレ「レンタル救世主(第1話)、WOWOW「カッコウの卵は誰のもの」(第2話) 【映画】「だれかの木琴」(2016 東陽一監督) 「あなたを待っています」(2016 いまおかしんじ監督)  【Vシネマ】「制覇6」
http://www.ligament-g.jp/actors/%E9%80%9F%E6%B0%B4%E4%BB%8A%E6%97%A5%E5%AD%90/

wadamisa
OL:和田光沙

1983年12月30日、東京都出身。
映画、舞台、テレビドラマ、CMなどで活躍中。
主な映画作品として、『アイドル・イズ・デッド』(ムージックラボ2012女優賞受賞)、『蒼のざらざら』(上村奈帆監督、主演)、『あんこまん』(中村祐太郎監督、主演、ムージックラボ2014審査員特別賞)、『貌斬りKAOKIRI』(2016年12公開)など。『夏の娘たち』(堀貞一監督)2017公開予定。瀬々作品『菊とギロチン』(2018年公開予定)に参加。

 

【バス事故に運命を翻弄される人々】

 

kunimotonatsuki2
國元夏海(OL):國元なつき

1980年8月30日生まれ、東京都出身。2013年公開の忠臣蔵をモチーフにしたハリウッド映画「47RONIN」の真田広之さん演じる大石蔵助の妻、リク役に大抜擢された。女優業だけでなく、海外留学の経験もある國元は、多くの子供たちに英語を通してグローバルな視野を広げて欲しいという想いから、2016年にスタートしたキッズ向け英語番組「JELLY JAMM」に出演し、プロデュースにも挑戦している。(※BS12 月-金 7:00am~8:00am 放送中)またネット系動画で来年配信予定のドラマにも出演が決定している。
http://www.natsukikunimoto.com/index.php

sekikouji
阿部幸治(会社員):関 幸治

1978年10月15日生まれ、埼玉県出身。吉本興業NSC俳優コースを卒業後、商業演劇や小劇場などで活動。最近は映像にも進出し活躍の場を広げている。
主な出演作品に、聖教新聞CF「妻からの手紙篇」やNETFLIXのwebムービ「いざこざ篇」では340万回再生を突破。「シン・ゴジラ」総監督:庵野秀明、「永い言い訳」監督:西川美和 な、2017年公開作品もいくつか控えている。
http://animoproduce.co.jp/profile/seki

abekanna
阿部の妻:阿部栞奈

5月1日生まれ、埼玉県出身。
特技 絶対音感、即興演奏、ピアノ、ドラム。劇団ひまわりを経て、映画・ドラマ・CMを中心に活動中。
主な仕事として、P&G 「アリエール」(CM)、新日本製薬 「パーフェクトワン モイスチャージェル」(CM)、映画「種まく旅人~夢のつぎ木~」(2016年、佐々部清監督、杉浦洋子役)等。
https://www.pre21.jp/actor/kanna-abehttps://www.pre21.jp/actor/kanna-abe

kaniserena
蟹瀬瑠菜(バレリーナ ):蟹瀬令奈

1986年12月1日東京生まれ。1997年、11歳で、フロレンス・オペラ座の「アイーダ」の子どもの役で初のプロ舞台に立つ。15歳からイギリス、オランダ、モナコなど各地でバレエ経験を積み、2007年、ナオミ・キャンベルなどを輩出したIMTAの大会でダンス部門グランプリをはじめ6部門入賞。日本帰国後、女優として舞台・TV・CM・雑誌等で活躍。2009年には、LUXシャインアクトレスオーディション準グランプリ獲得。現在、ニューヨークでアーティストとして活躍中。

annokyoutarou
安野恭太(夫):安野恭太

1972年9月23日生まれ、東京都出身。Prestige 所属。
これまで東京ガス、ソニー生命等40社以上のCM・スチールに出演。
その他、NHK時代劇・大河、映画や舞台と幅広く活動中。
https://www.pre21.jp/model/kyota-anno

yoshimuratamao
安野玉緒(妻):吉村玉緒

1975年11月14日生まれ、 長崎県出身。
2000年、「未来戦隊タイムレンジャー」(ドラマ)でデビュー。
「救命病棟24時」、「恋におちたら~僕の成功の秘密~」等のテレビドラマ、映画・「模倣犯」(森田芳光監督、2002)、CM ・アリコ ・サッポロビール雫、などで活躍。
所属事務所 現在フリー。

sakagamikayo
安野嘉世(娘):坂上嘉世

1989年3月18日生まれ。和歌山県出身。2010年TSSショートムービーフェスティバルグランプリ作品「自転車泥棒part.3」(佐藤亮監督)に出演。その後「武闘派野郎」(冨永昌敬監督)、「ハジマリノオワリおわりのはじまり」(高木聡監督)、「眩しくて見えなかったから長い瞬きを繰り返した」(池田圭監督)、「SUMMER GOODBYE」(毛塚俊太監督)に出演。2015年出演のCM、高砂熱学工業「大きな空の下で」編ではナレーションにも挑戦している。
http://www.lotstaffs.jp/sakagami.html

kameokasonoko
亀岡園子(母):亀岡園子

東京都出身
故・遠藤周作氏主催の劇団「樹座」に触れ通訳の仕事を辞め役者の世界へ、以降、映画や舞台で活躍。
主な出演作として映画「ようこそ美の教室へ」(白井幸司監督)、米映画「イコールズEquals」(ドレイク・ドレマス監督)等がある。

shimadumoyu
亀岡萌由(娘):島津萌由

1986年9月13日生まれ。実践女子大学文学部美学美術史学科卒業。
UPS(ユナイテッド・パフォーマーズ・スタジオ)卒業。
主な出演作品に、舞台「Dear…..」(演出/たんじだいご 2010)、舞台 「SUKIYAKI」(演出/たんじだいご 2011)、舞台 「二階堂智の三つの短いお話」(演出/二階堂智 2012)がある。
特技:クラシックバレエ、所属:株式会社TIMEFLIES
http://www.timeflies.co.jp/management/shimazu-moyu

kobayashiyasuko
小林寧子(母):小林寧子

東京都出身、二女の母。30代、家族でカナダに居住。40代、帰国後、「MLS」にて、英語劇を3年間学ぶ。50代、奈良橋陽子氏主宰、「UPSアカデミー」を卒業(10期生)。子育て経験を糧として、俳優となる。「トライトーン アカペラ歌う会合唱団」メンバー。主な出演作品として、舞台「DOG DAY AFTERNOON」(演出/奈良橋陽子)、映画「ラーメンガール」「あぜみちジャンピンッ!」「ガチバン エクスペンデット」等。その他、CM、再現ドラマ主役等、多数出演。

aoiraisa
小林愛美(娘):葵 來沙

12歳の頃より東海林愛美として、映画、ドラマ、CMなどに出演。主な出演作に「独立少女紅連隊」(主演、安里麻里監督、2004)「デスノート ~the last name 」(金子修介監督、2006)「SPACE BTTLESHIP ヤマト」(山崎貴監督、2010)等。現在 葵 來沙(あおい らいさ)に改名。2017年よりライブ活動を中心に、音楽、映像と幅広く活動予定。
http://ameblo.jp/raisaaoi/

kiuchikenta2
木口健(愛美の婚約者):木口健太

1988年8月22日生まれ、茨城県出身。2014年、『揺れるスカート』(岡元雄作監督)での演技が評価され山形国際ムービーフェスティバル2014において最優秀俳優賞を受賞。以降、映画やPV、CMなどと活動の場を広げる。主な出演作品にドラマ「BAR レモン・ハート」(BSフジ)、映画「おんなのこきらい」(加藤綾佳監督)、『SHARING』(篠崎誠監督)、CM レオパレス21「カスタマイズ篇」(西川美和監督)がある。瀬々作品には「64-ロクヨン-」に出演。
http://t-artist.net/man/kiguchi/kiguchi-pr.html

uedayasuhiro
ウエダ(高校同級生3人組):植田靖比呂

1982年8月13日生まれ。愛知県豊田市出身。
19歳で俳優を目指し上京後、付き人などを経て、テレビ、映画、舞台などに出演。
主な出演作として、TBS愛の劇場「砂時計」、TBS系ドラマ&映画版「SPEC」シリーズ(堤幸彦監督)、映画「永遠の0」(山崎貴監督)、映画「永い言い訳」(西川美和監督)、舞台「マルエツファミリーミュージカル『トラップ一家物語』」(勝田泰彦演出)、舞台「Dream of Passion」(奈良橋陽子演出)、舞台「underground lovesong」(増澤ノゾム演出)など。
http://www.yumekoubou-web.com/

kudouyuuta
クドウ(高校同級生3人組):工藤優太

1985年2月10日生まれ。北海道登別市出身。
主な出演作「トクボウ 警察庁特殊防犯課」、「コールドケース~真実の扉~」、「陸軍特務伝令隊~英霊たちの戦場~」など。
2010年より劇団フルタ丸に参加し、下北沢を拠点に舞台でも活動中。
http://www.ag-tact.com/Talent/Yuta_Kudo

miyauchiyuuki
ミヤウチ(高校同級生3人組):宮内勇輝

1983年1月8日生まれ 東京都出身。劇団フルタ丸所属。
主な出演作品として、映画:「みちていく」(竹内理沙監督)、「ハジマリノオワリおわりのはじまり」(高木聡監督)、「陸軍特務伝令隊~英霊たちの戦場~」(橋本一郎監督)、MV : 「君と僕の挽歌」(さかいゆう)、「GUNSHOTS」(SiM)等。
http://ameblo.jp/miyablo018/

okadotakashi
バス会社社員:大門嵩

1988年5月5日奈良県生まれ
役者としてドラマ、映画、CM等幅広く活動。
近年は写真に映像制作にと幅を広げている
初監督作品、『殻の無いカタツムリと水掻きの無いカエル』がセルビア国際映画祭にて上映された。

masuakenichi
バス運転手:増田健一

東京都出身。カリフォルニアの大学に留学中に本格的に俳優を志す。大学卒業後帰国し、自主制作映画や舞台等に出演し経験を積む。現在は映画を中心に活動。主な出演作として「Ramen Girl」(09)、「Tokyo Ending」(13)、「陸軍特務伝令隊」(15)など。2016年12月公開「海賊とよばれた男」への出演が控える。ユエン・ブレムナーがプロディースした短篇「No Song To Sing」ではメインキャストの一人を演じている。

kanyuuki
バス運転手:管勇毅

1983年大分県生まれ、熊本県育ち。映画・テレビドラマを中心に出演するほか、JT企業広告やドキュメンタリーなどのナレーションを務めるなど、幅広く活動中。
2012年に出演した『理容師』(秋野翔一監督)が、カンヌ国際映画祭シネフォンダシヨン部門に出品される。主な出演作として、『聯合艦隊司令長官 山本五十六』(成島出監督)、『暗闇から手をのばせ』(戸田幸宏監督)、『リアル~完全なる首長竜の日~』( 黒沢清監督)、『霧の中の分娩室』( 桝井大地監督)、『森のカフェ』(榎本憲男監督)では主演を務めている。瀬々作品には『64-ロクヨン-』( 瀬々敬久監督)に出演。
http://ykoffice.la.coocan.jp/actor/kan/profile.html

odatetsuya
小田哲也:小田哲也

愛知県出身。
主な出演作品に『blind』、『TOKYO ENDING』、『ハジマリノオワリ おわりのはじまり』など。インディーズ映画を中心に活動している。

hirokawamanami
真菜美(小田の同棲相手):廣川真菜美

1987 年生まれ 東京都出身 大学在学中に東京学生英語劇連盟に参加し、「MOMO」( 演出:米倉リエナ ) で初 舞台を踏む。大学卒業後、一年間 United Performer’s Studio にて奈良橋陽子らに 師事したのち文学座附属演劇研究所に入所し、演技の基礎を学ぶ。 卒業後、小劇場を中心にプロデュース公演に参加している。 待機作には朴基浩監督作品 映画「インタンジブル~遠くて近いもの~」(主演)がある http://manamihirokawa.wixsite.com/home/contact

satouyuuma
真菜美の新しい恋人:佐藤勇真

1984年生まれ、埼玉県出身。
2008年テレビ埼玉開局30周年記念作品のデビュー作、映画『傘』たかひろや監督 にて主演。映像中心に活動中。
http://t-artist.net/man/satoh/satoh-pr.html

 

結城貴史
ミゾモト行彦 砂押正輝
武田秀虎 テルコ

 

エキストラ協力

田尻裕司 永井卓爾 西村晋也 上馬場健弘
坂爪健 田島康佑 岩切祐一 早野亮
馬場衝平 筒井秀夫